MENU

即日融資のキャッシング・カードローンにおいて審査の基準とは?

 

即日融資でのキャッシング・カードローンを利用するには、まず審査に通らなくてはなりませんが、審査には必ず合否の基準というものがあります。そこでここではカードローンの審査では、どんなことが基準になってるのかについて、お話していきたいと思います。

 

キャッシング・カードローンの審査に通るコツとしてよく言われるのは、一定の安定した収入があること、年齢条件を満たしていること(平均すると20歳〜66歳位まで)、他社からの借入が複数ないこと(全くないか、1社まで)の3点です。細かく言いますと、まだ色々あるのですが最低でも、この3点をクリアしていれば、審査に通る確率はかなり高くなります。出来れば、申し込み先の審査基準を、前もって調べておいた方が良いと思います。

 

次に申し込み手続の際に、気をつけた方がよいことについて、3点お話ししたいと思います。まず1点目は記入間違いをしないということです。記入間違いや記入漏れは、例えうっかりミスであったとしても、業者や銀行の側からは嘘の情報を故意に記入したか、抜かしたのではないかと判断されかねません。特に出先でスマホやケータイで申し込んだり、急いで手続をしようとしたときに、特に入力ミスや記入漏れをしやすいので、十分注意してください。

 

2点目は、借入限度額の設定を控えめにするということです。銀行のカードローンでは、消費者金融のキャッシングの総量規制のような規制はありませんが、初めてお金を借りる際には、大きな金額を借りることよりも、業者や銀行との信頼関係を築くことを優先し、限度額はなるべく控えめに申告した方が良いと思います。その方が相手に好印象を与え、業者や銀行側が無理なく前向きな姿勢で手続に臨みやすくなり、審査に通りやすくなるでしょう。

 

3点目は、同時に複数の業者や銀行に申込をしないということです。審査に通る確率を高くするために複数の申込をするというのは逆効果で、返済のための借入と誤解されたり、返済先が増えて返済能力が低下すると判断されてしまう可能性が高いからです。申込者のこうした動きは、業者や銀行には信用情報機関を通じて、逐一わかるようになっていますから、避けた方が賢明です。特に銀行系のカードローンに申し込む際には要注意で、審査には圧倒的に不利になりますので、注意してください。

 

その他業者や銀行によっては、審査に有利になると考えられる事柄としては、身分の安定性から大企業勤務か公務員であること、社会保険や組合保険に加入していること、経済的にゆとりがあるイメージがあることから、独身で両親と実家に居ること、連絡先の確実性から家に固定電話があること、家に長期間住んでいること、返済能力を図る意味から過去に自己破産・任意整理・民事再生等を行っていないこと、ケータイやスマホの支払やクレジットカードでの買物で延滞をしていないこと、他社からの借入でも延滞が一切ないこと等も、審査には有利になります。殊に他社からの借入履歴や現在の借入残高、延滞の有無等は特に重要になりますから、新たに申し込む前に清算されておくことをおすすめします。

 

キャッシング・カードローンの返済方法を知っておこう!

 

即日融資でのキャッシング・カードローンの利用では、返済方法にどのようなものがあるのかも気になります。返済方法とは、正式には口座引落・口座振替・店頭窓口・ATM利用・インターネットバンキング利用等を指すのですが、ここでは「方式」と呼ばれている、毎月どんな計算で幾らづつ返していくか、その方法にあたる「返済方法」についてお話していきたいと思います。以下、返済方法としてお話していきますので御了承ください。

 

カードローンの返済方法は一見沢山あるように思われますが、実は残高スライド方式・定率リボルビング方式・元金定率リボルビング方式の3つの方法を基本としていることが多く、そこから派生した方法であるか、呼び方を変えているだけで同じ方法であることが多いのだそうです。例えば残高スライド方式には、残高スライドリボルビング方式・残高スライド元利定額返済方式・借入金額スライドリボルビング方式・残高スライド元利定額返済方式等があります。

 

これらの返済方法の基本はテレビCMでも御馴染みのリボ払いで、これは毎月一定の金額を返済し続けていく方法を指します。借入金額に関わらず、返済の最終月以外は毎月返済金額が変わらない返済方法、それがリボ払いという方法なのです。もし返済途中で追加で借りても、返済期間が延び利息が増えるだけで、返済金額に変化はないのです。返済期間が延びても返済金額の変化がなく、返済金額が増えていることを、忘れてしまいがちですので注意が必要です。多少毎月の返済がきつくても早めに返済するか、毎月の返済がしやすい方を選ぶかは、よく考えて返済をしていった方が良いと思います。

 

次に先程あげた3つの返済方法について、お話していきたいと思います。まず最初の定率リボルビング方式(元利込定額リボリビング返済・元利定額返済方式とも呼ぶ・についてです。この方法は最終月に端数を支払う他は、毎月一定の金額を返済していく方法ではあるのですが、毎月一定額にするために、返済する元金と利息の額自体は、毎月変化するのが特徴です。元金や利息の減り方を注視している必要があります。

 

次は元金定率リボルビング方式についてです。この方法は借入額に対して、予め決まった定率を掛けた支払額に、1カ月分の利息をプラスして返済していく方法です。残高ではなく借入額に対して定率を掛けますので、返済が進んでも支払額は変化しないのですが、利息の支払は減っていくというシステムになっています。但し返済中に追加借入をしますと、返済額の計算が複雑になりますので、その点に注意が必要になると思います。

 

最後は残高スライド方式についてです。この方法は文字通り、買いつきに返済額が借入残高に応じてスライド(変動)していく仕組です。返済額が少なくなってきますと、同時に借入残高の減りも少なくなり返済期間が長くなって、それだけ余計に利息を払うことになりますので注意が必要です。以上3つの内どの方法で返済することになるかは、どの業者や銀行から借りるかによって変わりますが、お金に余裕があるときは、早めに多めに返済することも可能ですので、なるべく早めに返すことを常に念頭に置いておくことが大切です。

 

キャッシング・カードローンの金利・利率の計算方法?

 

カードローンを利用していますと、必ず金利・利率・利息という用語を耳にすると思いますが、似通ったイメージがありますので、実際はどんなものなのか、互いにどんな関係性があるのか、どんな計算方法で算出出来るのか等、わからないことが多いと思います。そこでここでは、それらのことについて、順番にお話していきたいと思います。

 

まずカードローンの利用に際して念頭に置いた方がいいのは、実際に借りたローンの金額である元金です。そしてこの元金に対して、一定の利率を掛けて出てくる手数料が利息なのです。ここでいう一定の利率というのが、金利に該当するのです。金利には日歩・月利・年利の3種類の表示方法があります。金融業会でのローンの金利の表示は、御存知のように年利が使われています。よく実質年率と言われますが、ほぼ同じ意味の言葉と考えて差し支えありません。

 

カードローンは金利幾らで借りたかがわかっていれば、これから払っていく利息が幾らになるかも計算することが出来ます。カードローンでは借りた日数分の利息がかかりますので、利息の計算には、何日借りたかという情報も必要です。そこで今までお話してきたことを総合しますと、元金×金利÷365日×借入期間で計算することが出来ます。

 

例えば30万円借りて年利18.0%で30日で完済したとしますと、30万×18.0%÷365日×30日で4438円が利息となります。簡単に言いますと借入金額に対し、18%の利息を支払うということになります。一方月利は1ヵ月、日歩は1日あたりに発生する利息の割合ということになりますが、こちらはキャッシングやカードローンでは、まず登場しません。

 

次に、それぞれの言葉の関係についても、お話していきたいと思います。まず金利と利率、利子と利息、年率と年利はいずれも同じ意味の言葉です。また金利と利息では金利は利息の割合、利息は元金を借りる際に支払うレンタル料と考えると良いと思います。また年利とも呼ばれる実質年率についてですが、これは利用者がまずキャッシングやカードローンに融資を申し込んだ際に審査をしますが、その過程で調査や書類作成の費用がかかりますので、当然その費用は利用者は負担する必要があります。

 

しかしその費用を各申込毎に計算するのは大変ですから、業者や銀行は、その諸費用を予め金利の費用の中に含めており、法律でもそうするよう定められています。その諸費用も含めた金利が実質年率というわけなのです。この金利=実質年率の上限は、法律では借入額10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上でしたら15%と定められています。これらの数字がわかっていれば、ネット上の色々なサイトにあるシミュレーションを使って、毎月の利息や月々の返済額、返済期間の目安を知ることが出来ます。その計算で出た数字を元に、自分に合った業者や銀行のカードローンに、申込まれると良いのではないでしょうか。

 

キャッシング・カードローンの金利で1ヵ月でどこまで違うの?

 

どこの業者や銀行のキャッシング・カードローンにしようかと考えたときに、設定された金利に目がいく人は多いと思います。金利がどれ位であるかによって、月々の利息も決まってきますから当然であろうと思います。そこでここでは各業者や銀行の金利の違いによって、1ヵ月の返済額がどれだけ違ってくるかについて、お話していきたいと思います。

 

キャッシング・カードローンの金利は4.9%〜17.7%といったように幅のある形で表示され、この幅の範囲で金利が決まりますが、この数字だけでは、実際にどれだけの金利が適用されるのかはわかりません。カードローンの金利は融資額が大きいほど低くなり、小さいと高くなりますので、下限金利は借入限度額が最高500万円なら、500万円借りたときに採用され、上限金利は借入限度額の最低設定額を借りたときに採用されます。

 

以上のことをプロミスの金利を例にとって説明しますと、プロミスの金利つまり実質年率は4.5%〜17.8%となっており、借入限度額は10万円〜500万円までですので、10万円借りたとしますと17.8%、500万円借りたとしますと4.5%ということになります。この金利は利息制限法に基づいて、上限金利の範囲で設定されているものです。具体的には融資額10万円未満なら20.0%、融資額10万円〜100万円未満なら18.0%、100万円以上なら15%を上限金利とするよう定められています。

 

銀行でカードローンのサービスを行っている所では、金額毎の金利をHPに掲載している所としていない所とがあります。そこでHPに金額毎の金利を掲載している、大手5行の金利を比較して見てみようと思います。ここでは10万円借りたと想定し、ボーナス時の追加分や、何らかの費用がかかることは想定せずに計算してみます。まず金利は、住信SBIネット銀行では7.99%、三菱東京UFJ銀行なら12.6%〜14.6%、みずほ銀行なら14.0%、三井住友銀行なら12.0%〜14.5%、楽天銀行なら14.5%となります。

 

これを現時点での最新の相場に基づいたシミュレーションによって、返済期間を1年と考え、これを1ヵ月(30日とする)に返す返済額に換算しますと、住信SBIネット銀行なら8698円、三菱東京UFJ銀行なら9007円、みずほ銀行なら8979円、三井住友銀行なら9002円、楽天銀行も同じく9002円となります。これは最初にお断りしたように、最新の相場に基づいて計算した現時点での返済額であり、返済額は常に変わりうるものですから、あくまでも目安とお考えください。

 

それでも返済額の1番低い住信SBIネット銀行と、1番高い三菱東京UFJ銀行とでは、1ヵ月に約310円の返済額の差が出てくるということです。この金額の差をこの位と思うか大きな差だと思うかは、人によって違うと思いますが、この差は借りる金額が大きくなればなるだけ大きくなるということだけは、承知しておいた方が良いと思います。金利は何処もそれほど違わないように見えても、実際には差があることを忘れないで頂きたいのです。

 

即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資 即日融資